5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 072

ツインレイの母性と父性によるタイムラインと子供 続きです。   引用:ツインレイの母性と父性によるタイムラインと子供 それぞれが適応していくと、このように新しい概念が発生するようになる。 そして、このケースだと「子供」の場所が夫の部分しか生まれない為、実はこれだと「男の子」のケースとなる。 ...
sponsor link


5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 164

いくつか考えてみたので、タイムライン的な感じに起こしてみる。 図の説明:ツインレイの出会いから終わりまで 女性は男性の前にて「発生」するものなのかと思っている。 たとえば、女性は出会いの時点て「妻」となるが、男性は妻の前でようやく夫へとなっていく。つまり、女性が妻として成立していない時、男性は夫にな ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 189

本当にツインレイ男性は、サイレント期間に突入するときに逃げたのか。 ツインレイ女性から、本当に逃げたのか。 ふたたびこの問いについて考えてみたくなった。   ツインレイ女性たちがもしサイレントの始まりで母性を完成させ、その母性の完成を確認したところで、ふたりは離別する。 なぜならば、ツイン ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 039

彼と私は年齢が七つほど離れていた。最初は七つ違うのだ——ということを理解していた。 しかし、最後のときには七つ離れていたことも忘れ、きっと彼も私が七つ年上だったことを忘れていただろう。 彼は年下だった。 私の場合、 女性ゆえに 「女性性」が個人的アイデンティティ(自分軸)であり、 「父性」が他人軸で ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 069

自分のなかにある『異性』の気質。 すべての人は自分のなかに男性性と女性性があると言うが、私の場合、私のなかに『性』そのものが樹立しているからこその男性性ゆえの性欲がある。 私自身は肉体由来による女性性の生殖と、男性性による性欲があり、けっきょく、どっちが自分の性別なのかわからない。 とりあえず、私は ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 183

子供をいかに教育するのか——を考えた。そして、子供は如何に発達していくことが最善なんだろう、親として子に何を与えられるんだろう。 生真面目ななとり。めっちゃ真剣に考えた。 母性とは何か、父性とは何か。これは私が自分を振り返って思うことを含めてである。 父性とは抑圧になるんだが、抑圧ってなんだろうって ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 170

我が家の家系には口伝があって、遡ること、明治維新に至る。 家系による祖の話である。私たちの家系がどのようにしてなりたったのか——についての祖のお話。 ちなみに私は、そんなに詳しくはないのと、人の名前を忘れてしまったのもあって伝えられないものもあるが、そういうこともあるのかってことで書いておきたい。 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 129

私は覚醒をしなかった。 残念ながら、自分に霊感が備わったとは思えない。 神にはならない。   私は素晴らしい使命を授からなかった。 残念ながら、私に使命があるとは思えない。 私は選ばれた人にはならない。   だけれど、今、私はやるべきこと。そして、今、やりたいなって思うことが出来 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 115

夢見|船に乗っていたつもりが船に乗っていなかった件を書きながら、そうそう、なとりはそういう人だったと思いだした。 なんで忘れていたんだろう——と思うんだが、私は自信家だった。 報告|守護龍が銀の龍が赤の龍に入れ替わった件について これかな? と思っている。 もともと銀龍は彼の龍だと思われる。こちら、 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 055

ちょっとあべこべの夢だったんだが、話をまとめるとこうである。   私は十五歳の時に起きた大地震のときに船に乗っていたが、それは予行練習の船だったようで、船は航海になどでていなかった。   つまり、私は十五歳の時に「結婚の準備」を始めた。きっかけは「大地震」とあるが、私が精神を病ん ...
sponsor link


5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 191

聞かれたような気がする。 「なんで彼くんがいいの?」って。 それは遺伝子がいいから。相性がよさそうな遺伝子っぽいから。 彼くんのどこがいいとか、何かしらのいいところがあるとか。そういうわけでもあんまりない。そんなものあとからついてくる。 ほとんどの直感レベルの「この人がイイ」理由なんて遺伝子の相性が ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 049

人の為に一生懸命がんばる人生も辛かった。 今回は、自分の為に一生懸命頑張って、それが結局は人の為になるように考えた。だけれど、それだって最終的には苦しい。 人の為にだって、自分の為にだって結局は苦しいしか残らなかった。 私はやってみなくちゃわからないからさ、やっぱりやってみて苦しかったし、辛かったっ ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 036

高ぶって人をあなどり見くだす態度であること。 引用:傲慢 - Google 検索 うぬぼれが強く、高ぶっていること。 引用:高慢 - Google 検索 心の中で自分のことを自慢すること。おごり高ぶる心。 引用:慢心 - Google 検索 簡単に説明していくと、慢心がある。英語にすると「虚栄心(取 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 074

愛しているから、待っているだけ。 もしかしたら「おかえりなさい」がいいたいだけなのかもしれない。 愛していたんだよな。過去形になってしまったけれど、随分長く、愛していた。だから待っていた。 でもなんか、もう、待たなくていいんだって。   彼はかえる場所を見つけられたのかな? だからもう、待 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 038

けっこう多くの人たちの中でも極悪非道の神を信仰している方々がいらっしゃるようで。 私はそれをみて普通に怖かったんだが、それに対し恐怖とも感じない人たちもいるらしかった。 不安をひっくり返す、高慢な人が地震を起こすよ。人類の分別について。   こたびのツインレイの企画。出雲企画だったんだろう ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 098

前にこんなことを書いた。 あとなんか、たまに「龍に擬態しているなんか」がおるねん。こいつ、なんなんや。ムカツクな・・・・。バカにしとんのか。 なんか龍みたいな感じなのに、龍じゃなくて短いやつなんだよ。 ツチノコみたいな龍になっとる。ウザいな~、マジ。こいつなんなんや~。 うーん、なんか記憶があるよ。 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 075

一思いに殺さず、半死半生にして苦しめること。物事の決着をつけずにおいて苦しめることのたとえ。引用:蛇の生殺し(へびのなまごろし) ツインレイとは、蛇の生殺しのようだ。 最後の最後に、物事の決着をつけさせてもらえない。それによってツインレイという泥沼にはまり込み、そこから抜け出すことができない。 私た ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 046

前回も同じことだった。 離れ、その間にツインレイという言葉を知った。その後、ふたたび再会するまで何度も週末に夢を見続けた。 連絡がきたとき、驚きと共に、ふたたび込みあがってくる捨て去ったはずの恋情がそこにはあった。 再会による別れが再びやってきたとき、これ以上にない他者への拒絶を感じた。 ...
5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 181

やはり彼は、私の世界にはいらない人材のようである。 私とお付き合いをした後の人はほとんど「自分がしでかした内容をすべて別の人とお付き合いすることで省みる」ことになる。理由は知らん。そとあとなぜか戻ってくる。理由は知らん、お話はいつも蹴っている。 最後の最後に「なとり」を思い出すらしい。比較をすると、 ...
sponsor link


5 ツインレイ 麒麟の覚醒篇
Thumbnail of post image 078

月とは「惑わす」とか「洗脳」とかの意味合いが強いのだと知り、なんとなく女性は「人を惑わす」「人を洗脳する」という力があるのだなと思った。 なんだこれ? と思う違和感の力があった。自分のことしか考えていない人ほど、人を洗脳して支配しているような雰囲気があった。 なるほどなとちょっと理解した。 月の力は ...