ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 092

私のなかには複数の私が存在している。 私たちは他者から産み落とされた肉体を持っている。そして、その肉体を持って他者を演じ続け、またあるとき、それを自分だと理解してからは他者の道が自分の道だと、自分の人生を生き、最終的には『自分』となりては死ぬのである。 私たちは、この世に生まれるとき「他者」という概 ...
sponsor link


ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 113

心理学的にも罪悪感は色々とある。 誰かを傷つけてしまった/壊してしまった 助けられなかった/役に立てなかった なにもしていない/見捨ててしまった (周りと比べて)自分が恵まれている 自分は毒である/穢れている 親やパートナーから受け継いだもの その他(地域社会、宗教、そのほか) 引用:「そこから何を ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 138

もう昨晩からひとつ報告|ようやく4人のツインレイが揃った件についてを書き上げて。 どうして私は四人をそろえようとしていたのか——。その理由を書きたい。 私は、ずっとツインレイの四人が集まっては離散するのを繰り返してきた。これだ! っていう形を形成することが出来なかった。 今回ようやく「これだ!」と思 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 192

ツインレイたちはほぼ全員が付き合っているとき、絶対的にうまくふたりでやっていきたいという考えがある。 しかし、ツインレイたちはサイレント期間へ突入することで絶対的にうまくいかない。 なぜなのか——。その理由は、ツインレイたち自身が抱えている相手への不満である。 ツインレイの相手へ抱えている不満は、す ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 098

一晩中眠れなくて、ずっと考え事をしていた。頭痛かった。。全部書き終わったら頭痛ひいてる。。理論が詰まってただけかもしれない。w 今「あ、ツインレイの四人がそろってんじゃねえか」ってことに気づいて、最高の気分である。何度も繰り返して構築してきた四人である。 今までたたなかった四人の理論が完成した瞬間の ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 122

私はこのように述べた。 多くのツインレイの方々とは別の結論をだすことになった。 私はどこにもいません。私は私にもなれません。私は残念ながら「どこにも」いません。 私は存在しません。私は形を為すことができないからです。 だけど「いる」と思ったとき、私は「ここ」にいます。 引用:散文|悲しみは愛に変わる ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 158

自己統合。これについても散々考え続けてきたけれども、ようやく私は散文|悲しみは愛に変わる日がやってくるだろう。に描かれている『水』として自己統合が終わった。 実はずっと自己統合のターンだった件について、泣けるわ。     これは精神科の先生にも話をしたところ、実存による超越経験と ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 027

先日、はーちゃん(私のカイン)とはーちゃんのご主人が夢に出てきて「頭のなかに繋いでみるね。三人いる、お引越ししたら?」と言われた。(三人で寿司を食ってた。) 起きて思った、ひとつの肉体のなかに複数の魂が存在することは可能なのか——。 調べてみたら、実はこれがツインレイの起源なのだと知る。 私たちの魂 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 004

あたいは夢見する人なんだが、この感覚。とても懐かしい。   4/17と4/19のうち重要なのは4/19のほう。これは私の個人的なこと。何かが起きるらしい。   8/8と10/10は多くの人に影響が及ぼされること。 夢見の内容。 8/8の前あたり日付のこと。 八代さんを私からのエネ ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 100

『ツインレイ』。その言葉を見つけて私たちは、憑りつかれたかのようにぐぐるようになる。 本当に相手はツインレイなのか。多くの人がこの疑問を持っているようにも感じられた。ちなみに私は、ツインレイの彼がツインレイかどうかについてはあまり頓着はない。 とりあえず、この題材についてを自分のなかで論じてみる時『 ...
sponsor link


ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 104

ツインレイ女性たちは、自分が持つ創造の権利が怖いのかなと感じている。 自分のなかにある他者を支配することができる力が怖い。だって今まで支配されてきた存在だからこそ、支配する力に恐怖を感じるのである。 その支配が怖いからこそ、私たちは支配を実行することができない。 これは何を意味しているのかというと「 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 008

私があなたの前で女性であったことを忘れないでほしい。 それは私の最大の愛情だった。私は女でもなかったし男でもないよ。 私が社会という存在に身を預けたときだけ私は女性だけど、私は私のなかに性別を見つけられない人なんだ。 Xという性別が最近になって出てきたね。 私には性別がない。そもそも男性でもないし女 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 012

ツインレイによる依存はずいぶん長く問題発起してきた。 最終地点は共存にある。そして、その共存とは自立した同士の人間による間により『依存』が生まれることにより成立する。 図の説明:ふたつの自立が揃うと「共存」が生まれる ツインレイたちは、自分が自立するようにと向かう。 そのとき、私たち自身は自分の中に ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 040

カタストロフィーとは『大破局』という意味である。その破局の構造をカタストロフィー理論という。 カタストロフィー理論(カタストロフィーりろん、カタストロフ理論、英: catastrophe theory)とは、生物の形態発生や言語の構造などのあらゆる現象のモデルとして、力学系を土台とした構造安定性とそ ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 151

私のなかに『アダム』が成立した。名前を「臣くん」としていた。 そして、しばらくしたら女の子が出てきた。アダムから生まれる子といえば、イブである。名前を急いで決める。「みをちゃん」とした。報告|ツインレイが魂を産むときの記事の子がみをちゃんである。 さっき、産み落とすことになった。 「わーい、わーい」 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 189

創造とは支配である。 地上のツインレイの段階では「支配」を否定的に捉えていたんだが、楽園のツインレイの段階では「支配」を肯定的に捉えていくことになった。 支配による意識だが、前回は「自分の問題を他者に押し付ける支配」のイメージを受けた。 今回は「人を愛するための支配」のことのようである。 支配とは創 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 000

ツインレイたちの多くが結論を出しているらしい。 その最後の結論を私は『私はどこにもいない』という結論を出している。この結論は、大多数のツインレイとは違う結論なのだと「わたし」はいう。 多くのツインレイの方々とは別の結論をだすことになった。 私はどこにもいません。私は私にもなれません。私は残念ながら「 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 015

親に対して自分のなかにくすぶっていた問題が、最後には姉に対して自分のなかにくすぶっていた問題の根源が解決されたようである。 2024/03/29のまどろみのなか、私の胸のあたりが言葉を発する。 「ヤギは孫を殺されて悪魔になった、だけどもうそんなんでもうでもいいよ」 と。胸のあたりからの言葉は、私が私 ...
ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 034

アダムは、神により創造され、その神により『生命』を吹き込まれることにより生きている。 引用:アダムの創造(ツインレイ、創造主になろうよ企画②) あるとき、私たちは孤独になる。あるとき、私たちは孤独を理解する。 残念ながら、私たちの育っていく過程のなかで「孤独を理解している」わけではなく、自分が孤独で ...
sponsor link


ツインレイ 革命篇
Thumbnail of post image 025

ツインレイの出会いの段階で創造をしている。 私たちはあのとき『愛だけ』だった。そのときの私たちは、まっすぐにお互いだけを見ては、創造をした。 ちいさなささやき声のまま、ふたりだけの創造をした。 これから私たちはどうなろうか。これから私たちはどんな世界で生きていこうか。 ふたりはいっしょに未来を創造し ...